技術屋のお話

皆様、日々の業務お疲れ様です。
時節柄コロナとオリンピック開催の話題でもと思いましたが、僭越ながら今回は自分の事を
書かせて頂きます。
私がエスオ-エンジにお世話になって早や4年が経ちましたが、支店長業務というか営業職
があまりにも板についている(笑)事と前職が親会社の資材部だった事から、私を技術屋だ
と思ってない方々が多々おられる様に何となく感じております。

私の社会人としての経歴は今を去る事40年前、当時の住友セメント技術開発部という部署
に配属になったところから始まりました。
最初に任されたテ-マは「四倉工場育苗培土RD改造」というもので、回転式乾燥機の土手
っ腹に穴を開け、回転している胴体へ原料を連続投入した上に滞留時間短縮に伴う乾燥不足
を追い焚きで解決せよ、という泣きたくなる様なものでした。
私は窯業学科でも無機化学科でも無くただの機械科出身だったので、乾燥機とは何ですかと
質問して、周囲を呆れさせた記憶があります。
という訳で私の技術屋としての人生は、乾燥機のヒ-トバランスと燃焼計算と回転する筒体
の強度検討から始まりました。

技術開発部と言う部署は新型予熱炉を開発したりして、重工メ-カ-並みの技術力を誇って
いましたが、課長は奇人変人に近く皆から忌み嫌われている方でした。
その奇人変人の言葉で、今でも私の行動の基盤になっているものがあります。
「メ-カ-という物はもっともらしい事を言って何とかお前らをだまそうとしている、なめ
られたらダメだ、理論には理論で、設計には設計で対抗せよ」
「相手が誰であれ自然科学のもと論ずれば一つの真実に帰結する」と私は読んでいます。
時代なのかもしれませんが、昨今「メ-カ-が言っているから・・」などと聞く度に、それ
は技術屋の言う事では無いでしょ、と思うところであります。

最近名古屋に新たなメンバ-が増え、徐々に設計の仕事をしてもらったりしています。
今のところは(失礼)私の言葉を素直に聞き、技術的な質問も良くしてくれます。
「いい質問だね、いいかい組み立てる人の立場に立てば・・」などと応じつつも「あれっ何
でだ、判らない・・」と焦ってみたり、久しぶりの会話を楽しんでおります。
混沌としてますます判り難くなっていく世の中で、彼らにも技術屋として良き道が開ける様
祈って止まないところであります。

坂庭 淳一

名古屋支店長

voice section logo

”VOICE

エスオーエンジニアリングの総合エンジニアリングを支える社員。

2022 新卒採用情報

エスオーエンジニアリングの
新卒採用情報をご案内します。

” RECRUIT
新卒採用ページへ